子供のムダ毛

子供のムダ毛

子供のムダ毛は、子供から剃ってほしいと
お願いしてきたら、考えれば良いでしょう。

 

嫌がる子供を無理矢理ムダ毛処理するのは、
危険ですからやめましょう。

 

子供のムダ毛と言っても、基本的には大人と同じです。

 

ただ、大人より肌が柔らかく、ちょっとした刺激でも傷ついてしまうので
ムダ毛処理を行った後のアフターケアが最も重要です。

 

子供に対して、ムダ毛処理を始める前に、
動いたら危ないということを、しっかりと理解させてから始めてください。

 

「動いたら危ないよ」といっても、ふざけて動いてしまうかもしれません。
子供の動きは予測不可能です。

 

なぜ動いてはいけないのか、
動いたらどうなるのかを理解してもらった上で始めましょう。

 

万が一のことを考えて、横滑りしても
切れないカミソリを選ぶようにしましょう。

 

抑毛剤を選ぶ場合は、
子供が使用しても良いものかを、確認してからにしましょう。

 

中には成分が強すぎて、子供の肌には向かないものがあります。

 

しっかりと理解しておきたいのが、子供の中にはムダ毛処理が悪いこと
恥ずかしいことだと思っている子がいるということなんです。

 

学校で毛深いのをからかわれたりすると、
親に相談するのが恥ずかしいと思い、自分一人で処理しようとして
肌を傷つけてしまったという例もあります。

 

周りの子と比べて自分の子供が毛深いかもしれないと思ったら、
悩んでいる様子はないか、子供の様子を見るようにしておきましょう。

 

スカートや半そでのような、肌を露出するものを嫌がるようなら、
それとなく聞いてみてあげてはどうでしょうか。

 

子供のうちは小さなことで悩みやすいので、
注意して見てあげるようにしましょう。